記紀編さん1300年 宮崎関連 By MORIMORI     
       


 

記紀編さん1300年 ~ 神話のふるさと宮崎~ 
つれづれ つぶやき By MORIMORI

【027】 宮崎神宮 参道ライトアップ

今年、御改称百周年となる 宮崎神宮。現在、参道が期間限定でライトアップされております。

背景の写真は 宮崎神宮参道のライトアップ    
 


宮崎神宮は、大正2年7月4日、「宮崎宮」より「宮崎神宮」へと御改称になり、平成25年で百周年を迎えました。
平成25年9月6日(金)~9月14日(土)の期間限定(当初予定)ですが、午後7時~午後9時頃まで宮崎神宮参道がライトアップされております。 9月9日に撮影して来ましたので、写真を紹介します。 
ライトアップされた「神橋」
参道を覆う、木々のトンネルが、ライトアップされた様は、夜桜のような錯覚に陥るような不思議な感覚。神秘的、綺麗でした。

神橋を照らすライトは、青、緑、赤へと時間と共に色が変化します。 

下の画像(一枚)は色の変化の雰囲気を紹介する為に、静止画を組み合わせAdobe Flashを使い動画化したものです。
Webページ閲覧の便宜上、色の変化する時間を早めております。実際の時間はもっと長い(一色30秒程)です。









ライトアップ見学の駐車場は、西神苑の前の通路を挟んだ所にある「社務所前駐車場」を利用。 地図リンク(外部)
ライトアップされた参道以外は真っ暗ですので、必ず足元を照らす懐中電灯等を持参してください。

 5月〜9月、幣殿(御社殿)・神門は午後6:30に閉殿・閉門します。お参りはそれ以前に。

 幣殿(御社殿)
   開殿 年間を通じ午前6時
   閉殿 10月〜4月 午後5時30分 5月〜9月 午後6時30分

 神門
   開門 年間を通じ午前5時30分
   閉門 10月〜4月 午後5時30分 5月〜9月 午後6時30分

 神符守札授与所
   開所 年間を通じ午前8時
   閉所 10月〜4月 午後5時 5月〜9月 午後6時



宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 04 神橋前付近より。
神橋前付近より この周辺の上の木々が一層綺麗です。





Sponsor Link

宮崎の美味しいものお取り寄せ。







今回は、話題と同じ、宮崎神宮参道のライトアップ画像をご紹介

宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 01 二ノ鳥居前より
二ノ鳥居前より



宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 02 二ノ鳥居前より
二ノ鳥居前より



宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 03 神橋前付近より
神橋前付近より




宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 05 神橋前付近より
神橋前付近より


宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 06 三ノ鳥居 奥に神門
三ノ鳥居 奥に神門



宮崎神宮 参道 ライトアップ写真 07 三ノ鳥居〜奥に神門
三ノ鳥居〜奥に神門 

神門は この時期は午後6:30に閉門します。



宮崎神宮御改称百周年奉祝コンサート


宮崎神宮御改称百周年奉祝コンサート9月14日(土)に、宮崎神宮ご社殿前(神門内)で、18:00〜20:30まで、「記紀編さん1300年記念実行委員会」主催の「宮崎神宮御改称百周年奉祝コンサート」が行われました。
観客は、主催者発表 1,200名だったとか。(イスは1000席)
このコンサートにあわせ、参道のライトアップが施されたものと思われます。

※右写真、巫女舞(悠久の舞)は後日掲載したものです。

井手綾香さんのコンサートは撮影禁止でしたが、雅楽(超殿楽)、巫女舞(悠久の舞)、JC太鼓は大丈夫のようでした。
会場へのカメラ持込は禁止であった為、ケイタイでの撮影です。

滅多にない機会、社殿をもう少しうまくライティングしてほしかったと思ったのは、私だけでしょうか・・。


今年平成25年の 「神武さま」 は10月26日(土)・27日(日)との事です。



当サイト内、宮崎神宮のページもご覧ください。









【027】 宮崎神宮 参道ライトアップ



2013/9/10


次の話題 【028】 県庁に集う 神々の舞 神楽の祭典
前の話題 【026】 特別展「藤城清治 光と影のファンタジー」で日向神話にひたる。





【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等



記紀編さん1300年の節目、神話のふるさと宮崎県の宝を、お披露目 私設ページ





筆者オススメ本の紹介

天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛 

文庫 : 284ページ / 出版社 : 新潮社 / 発売日: 2005/06

天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛この本は、梅原さんの文もさることながら、挿入された写真がとても良いです。
宮崎県にお住まいの方ならぜひ読んでおきたい一冊。
私も一押しの本です。
天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)
(¥724円 通常送料無料)

(一)日向神話のタブーに挑む。10
(二)高千穂論争、私はこう考える 26
(三)神代の国際都市・高千穂を歩く 57
(四)妻をめとらば西都原 99
(五)アマテラスは宮崎出身? 126
(六)天孫族、海へ 146
(七)火を噴く神の山・霧島 172
(八)乾坤一擲(けんこんいってき)、東征の旅へ 210
(九)薩摩半島はワタツミの国か 236
(十)旅の終わりに 265
 (価格等の情報は記載時点のものです。最新情報は 上記リンク先で・・。)




リンクフリー(各ページへのリンクは facebook / twitter / Blog 等からもご自由に。 )
写真の無断転載を禁じます。
当方撮影の写真使用については、写真の使用規定をご覧ください。



 記紀編さん1300年 宮崎関連 By MORIMORI PhotoMiyazaki 宮崎観光写真


ページ作成者(MORIMORI)宛てメール

- MORIMORI -

- 記紀編さん1300年 神話のふるさと みやざき -






Back to Top