記紀編さん1300年 宮崎関連     
            
砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」神楽と神々

Sand Flower Festa 〜砂の造形と花のコラボレーション〜


主催:指定管理者:マリンパークス
協力:宮崎県立佐土原高校産業デザイン科
まつり期間:2015年5月2日〜6日(砂の像は期間後もしばらく展示していたようです。)

GW期間、宮崎市のみやざき臨海公園北ビーチで開催された「サンドフラワーフェスタ」で、神話をテーマにした砂の像が展示してありました。
会期を終えた、今頃・・って感もありますが(^^;)撮影しておりましたので、神話関係ってことで、ご紹介。

ビーチの砂から作った彫刻を色とりどりの花で飾る「サンドフラワーフェスタ」は5月2日より6日まで開催されました。
今回、展示されていた砂の像は、いずれも宮崎の神話をテーマにしたもので、高さ約3m、幅・奥行き約5m、向かって左より「神楽」 「イザナギ」 「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」 「※山幸の帰還」 の4体を展示、これらの像は、県立佐土原高校 産業デザイン科の2〜3年生37人がデザインを考案、砂のかたまりから2日間かけてペイントナイフやスコップなどで削りだしたもの。
周囲には、ベゴニアやペチュニアなどの鉢植えなどが並れられ、彩りを加えておりました。

※当方が撮影した時の、現地展示物のタイトルには、「海幸の帰還」と書いてありましたが、神話、そしてこの像の内容より、「山幸」の間違いと察しますので、ここでは「山幸」に書き換えさせて頂きました。

像の、それぞれの部分は、何を意図して作ってあるかなどの説明や、かんたんな神話の背景などを解説した案内板があると良かったと思います。
神話って・・一般の方にとっては、かなりマイナーな分野ですので。



地元紙朝刊でイベントの事を知り、撮るなら人のいない時にと・・朝早めに出かけました。
結果・・西向きの像は、完全逆光(--;)RAW現像で暗部を多少リカバリしましたが・・



砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」神楽と神々
左より、「神楽」・「イザナギ」・「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」・「山幸の帰還」




砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」神楽
神楽」 佐土原高校産業デザイン科 美術部チーム1

手力雄命(タヂカラオノミコト)でしょうか。左手の鈴は一目見て分かりますが、
右手の“岩戸幣”の表現は難しそう。髪(ドッサリ)の質感などいい感じでした。




砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」イザナギ
イザナギ」 佐土原高校産業デザイン科 美術部チーム4

イザナギは・・・あまり印象の無い神なので、特徴出すの難しかったかと・・
お顔がちょっとモアイっぽい感じ(^^;) 




砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」 佐土原高校産業デザイン科 美術部チーム3

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)は、ホデリノミコト、ホノスセリノミコト、ホオリノミコトを抱いてらっしゃいます。




砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」山幸の帰還
山幸の帰還」 佐土原高校産業デザイン科 美術部チーム2

正面のサメ(ワニ)の口から、山幸を連想したのですが・・
他は一部崩れていたりしてよくわかりませんでした。正面の☆はヒトデ?




砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」山幸の帰還
今回、5月4日に訪れた際、山幸の帰還の一部は崩れておりました。
右はイカ? 正面はトヨタメヒメのお乳を連想したりしますが、髪が“みずら”なので男神?




ハマヒルガオ(浜昼顔)
北ビーチ付近では、ハマヒルガオが咲いており、丁度見頃でした。




 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 

みやざき臨海公園

みやざき臨海公園」は、海洋性レクリエーション需要の増大に伴い、「宮崎・日南海岸リゾート構想」の一環として整備された公園。
南側にはヨットやモーターボートを係留・保管・修理することができる宮崎唯一の本格マリーナを有する「サンマリーナ」。北側には、海水浴やマリンスポーツをはじめ、バスケットコートや、スポーツコートを備えた「サンビーチ一ツ葉」の二つに大きく分けられます。
その他、トイレ、シャワー、緑地広場、駐車場が整備され、夏の海水浴シーズンはもちろん、一年中ピクニックや水遊びが楽しめる施設となっています。
※公園への入場ゲートは、時間制限がありますのでご注意ください。


今回の記事に関するアクセス等の情報

地図:GoogleMap Mapfan Mapion マップコード(66 356 468)
緯度経度:N=31.55.42.3 E=131.28.18.5(日本地理系)
宮崎の神話巡りにも!!

【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等



前の話題 【052】新緑の宮崎神宮
次の話題 【054】新緑の都萬神社(つま神社)〜 西都原

オススメ本の紹介「天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛」 

文庫 : 284ページ / 出版社 : 新潮社 / 発売日: 2005/06

この本は、梅原氏の文もさることながら、挿入された写真もとても良いです。
宮崎県にお住まいの方なら、ぜひ読んでおきたい一冊。私も一押しの本です。
天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛
天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)
(\724円 通常送料無料)
 ※価格等の情報は記載時点のものです。最新情報はリンク先で

(一)日向神話のタブーに挑む。10
(二)高千穂論争、私はこう考える 26
(三)神代の国際都市・高千穂を歩く 57
(四)妻をめとらば西都原 99
(五)アマテラスは宮崎出身? 126
(六)天孫族、海へ 146
(七)火を噴く神の山・霧島 172
(八)乾坤一擲(けんこんいってき)、東征の旅へ 210
(九)薩摩半島はワタツミの国か 236
(十)旅の終わりに 265

宮崎県の季刊誌「Jaja」に掲載されたインタヴュー記事リンク 
→ 梅原猛さんに聞く

砂像の祭典「サンドフラワーフェスタ」神楽と神々(宮崎県宮崎市)





記紀編さん1300年を記念、「神話のふるさとみやざき」の魅力をお伝えしたく公開しているページです。
このページが、宮崎の再発見、そして宮崎観光、宮崎旅行のきっかけになれば幸いです。

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。
カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2015 MORIMORI All Rights Reserved.


-記紀編さん1300年特集 MORIMORI ver.- / -PhotoMiyazaki -

神話のふるさと みやざき 記紀編さん1300年特集 MORIMORIver.

Back to Top