記紀編さん1300年 宮崎関連     
          

髪長媛像(高崎町)・西都原古風群の夕景 髪長媛像(高崎町)・西都原古風群の夕景

宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」





【 追記 】関連ブログ記事  宮崎県古墳講座受講 3/3回目 西都原考古博物館にて

8月〜9月にかけて合計3回、宮崎県主催の古墳講座が開催されます。
参加無料・事前応募(先着順です。)
→ 詳細・申し込み受付等(UMKエージェンシーサイト)
(文は、下部掲示チラシより転載しました。)

講座のねらい。

日本列島の南端、南九州は古に「日向(ひむか)」と呼ばれていました。「古事記」「日本書記」に建国神話の舞台として登場し、また景行天皇に始まり、特に仁徳天皇から雄略天皇の時代には、大王(天皇)を日向の女性との婚姻やその皇子たちの悲劇が濃密に語られています。
一方、古墳時代の4〜5世紀において、生目古墳群西都原古墳群など、畿内を除いて最も巨大な古墳が築造され、大規模古墳群が形成されたのは日向の地でした。
 何故、古代以降、辺境の地ともされた南九州が神話の舞台となり、その地に巨大古墳が築造されたのでしょうか。畿内(ヤマト)王権にとっての日向とは、また古代国家建設に向けて日向の果たした役割とは何だったのか、考古学や古代史学の視点から最新の史資料をもとに読み解いていきます。


※各回とも13:00受付開始
開催時間13:30〜16:30 <講演90分(休憩10分)、対談(60分)、質疑応答>

宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」案内チラシ紹介(1280pix幅に拡大)

宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」 宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」

− 宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」チラシ1 −

宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」 宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」

− 宮崎県古墳講座 「畿内(ヤマト)王権と日向(ひむか)」チラシ2 −

参加無料・事前応募(先着順です。)
→ 詳細・申し込み受付等(終了につきリンク削除)

西都原古墳群の夕景 1 西都原古墳群の夕景 1

− 西都原古墳群の夕景 1 −


西都原古墳群の夕景 2 西都原古墳群の夕景 2

− 西都原古墳群の夕景 2 −


西都原古墳群の夕景 3 西都原古墳群の夕景 3

− 西都原古墳群の夕景 3 −


西都原古墳群の夕景 4 西都原古墳群の夕景 4

− 西都原古墳群の夕景 4 −


 
宮崎の特産品をお取り寄せ みやざき便.com

宮崎県の特産品等をお取り寄せ

宮崎牛やマンゴー、冷汁など
宮崎の特産品をお取り寄せ!
みやざき便.com

 

髪長媛 髪長媛

− 髪長媛(かみながひめ)像 (都城市高城町にて) −
宮崎県都城市高城町、牧之原古墳群の中の一角に、仁徳天皇の妃であった絶世の美女と伝えられる「髪長媛」のブロンズ像が建立されている。
髪長媛の日向から入内の説話は「古事記」「日本書紀」両書にて同じような記事が記載されており、きわめて真実性が高いとされている。



【直前予約空室カレンダー情報リンク】直近の空き室状況が一覧で。
直前宿泊予約・九州・宮崎・他

宮崎県のホテル・旅館・民宿・ペンション
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等の紹介
宮崎県へのアクセス情報関連リンク・ニュース等



前の話題 【066】霧島岑神社(夷守神社合祀・霧島六社権現)
次の話題 【068】「東九州神楽人の祭展」宮崎県新田神楽・福岡県京築神楽・大分県庄内神楽

オススメ本の紹介「古代日向・神話と歴史の間 北郷泰道著」 

単行本 : 263ページ / 出版社 : 鉱脈社 / 発売日: 2007/12

古代日向・神話と歴史の間
古代日向・神話と歴史の間 北郷泰道著

とかくこの種の本は専門話が長く、読んでるうちに飽きちゃうのですが(^^;)、この本は一つ一つの話題が適度な文長、「記紀神話」なども一部からめた内容など、多岐の話題、興味深々、一気に読める内容でした。特に宮崎県の方には、オススメな本です。 宮崎県にお住まいの方なら、ぜひ読んでおきたい一冊。
序の章 「3対7の社会」 その成立と展開
1の章 古代日向・考古学の散策道
2の章 日向神話の考古学
3の章 歴史を大地に読む


 

オススメ本の紹介「天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛」 

文庫 : 284ページ / 出版社 : 新潮社 / 発売日: 2005/06

この本は、梅原氏の文もさることながら、挿入された写真もとても良いです。
宮崎県にお住まいの方なら、ぜひ読んでおきたい一冊。私も一押しの本です。
天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)梅原 猛
天皇家の“ふるさと”日向をゆく (新潮文庫)
(\724円 通常送料無料)
 ※価格等の情報は記載時点のものです。最新情報はリンク先で

(一)日向神話のタブーに挑む。10
(二)高千穂論争、私はこう考える 26
(三)神代の国際都市・高千穂を歩く 57
(四)妻をめとらば西都原 99
(五)アマテラスは宮崎出身? 126
(六)天孫族、海へ 146
(七)火を噴く神の山・霧島 172
(八)乾坤一擲(けんこんいってき)、東征の旅へ 210
(九)薩摩半島はワタツミの国か 236
(十)旅の終わりに 265

宮崎県の季刊誌「Jaja」に掲載されたインタヴュー記事リンク 
→ 梅原猛さんに聞く

 

宮崎県古墳講座 「畿内王権と日向」(宮崎県)





記紀編さん1300年を記念、「神話のふるさとみやざき」の魅力をお伝えしたく公開しているページです。
このページが、宮崎の再発見、そして宮崎観光、宮崎旅行のきっかけになれば幸いです。

サイト内検索(Googleカスタム検索を利用した、当サイト内ページの検索です。)
リンクアイコンリンクフリー twitter facebook Blog等からリンクはご自由にどうぞ。連絡不要です。
メールアイコンページ内容に関してのご意見、ご指摘、作者への連絡等は、メール もしくはGuestBookで。
カメラアイコン写真の無断転載を禁じます。掲載された当方撮影写真の使用に関しては → こちらを参照願います。

Reproduction or appropriation of HTML, images and photographs from within this site is prohibited.
Copyright © 2016 MORIMORI All Rights Reserved.


-記紀編さん1300年特集 MORIMORI ver.- / -PhotoMiyazaki -

神話のふるさと みやざき 記紀編さん1300年特集 MORIMORIver.

Back to Top